? 先輩看護師に相談しにくいlことは師長に相談 | 看護師にだっていろんな人がいるもんだ

先輩看護師に相談しにくいlことは師長に相談

人間関係の悩みなどを相談できた師長さん


20歳で正看護師免許を取得し、地元の内科病院に勤務しています。勤務は5年目、20代の女性です。勤務先は亜急性から療養病棟までいくつもの病棟がある中規模の病院で、スタッフの年齢層は幅広いです。入職したのは友人の紹介と、それに評判も悪くなく自宅から通いやすい場所だったので、そこに決めました。
私は、入職してしばらく慣れるまではまず体力がきつかったのですが、慣れ始めるといろいろ考えることが出てきて精神的につらくなってきました。想像していた仕事内容と現実の仕事のギャップに驚き、戸惑いも多かったです。患者様個人のことはいくら勉強しても理解が足りないため、個々の細かい情報は先輩に相談し、教わり理解を深めるようにしました。また、師長さんがとても信頼できる人だったので、先輩には話しづらい人間関係のことや体調面の相談は師長さんにしていました。

真剣に仕事に取り組む師長さんだった


当時、担当してもらっていた師長さんは、本当に真面目に仕事に取り組んでいる人でした。誰よりも早く職場に来て、誰よりも遅く帰られていました。あるとき、自分の所属する病棟でミスが数件続いてしまったことがあり、病院看護部長から指導を受け、誰よりも師長さんが責任を感じていました。朝からのミーティングでスタッフ全員を前に師長さんが涙を流しながら、ミスが多いこと、その対策として確認を徹底するように等の話をされました。
私はそれまで自分自身のことではなかったこともあり、あまり危機感を持っていませんでしたが、その師長さんの涙を見て身が引き締まり、しっかりしようという思いができました。
それまでなんとなくふわっとしていた病棟が引き締まったと感じました。

素直になれなかった自分を反省


新人だった頃は師長さんには直接指導されることも多かったのですが、そのときはうまくいかないくやしさが大きくてなかなか素直に注意を受け入れることができなかったです。少し経験を積んだいまでは、注意を受け入れなければ成長はできないとわかります。
その師長さんは現在は転属されてしまっていてなかなか会えないのですが、いまでも本当に感謝しています。